とてもクルマ屋とは思えない

ポルシェでサーキット、ランチアデルタとか

デルタのエアコンが効かねえ

まあ、前から効かなかったわけです。
てか、買ったときから。

なんせオールぶっ込み24万円のデルタですから。

そんでいよいよ暑くなってきたので、回らないコンプレッサの原因を調べるべく、とりあえずガスが入っているかと配管のムシ*1を押してみたらプスッ・・と言って最後のひとたまりが出てしまいました。

低圧側はいくらか入っているようです。

そこでロシア特製R12ボンベを引っ張り出してきて入れてみる。これは日本で生産中止になったR12温室効果ガス。俺んちにはいくらでもある。なぜか。
国内での生産が中止と聞いて、ロシアからスゲー量輸入して300万儲けたからである。
(そんな話はどうでもいい)

しゅぅぅぅ〜。
こんなもんかなー、とボンベのプラグをはずすと、ムシから漏れているではありませんか!

しゅーしゅー抜けています!
オオオオ、高価なR12ガスが!

 

f:id:LooGoGo:20040318154121j:image
・・しかしこれはムシを替えないことには。と、近くにあった軽トラのタイヤのムシを拝借して付け替えよう! タイヤのバルブと互換性があるのか? 

あるんです!笑


哀れマライヤ(軽トラ)はパンク状態。

f:id:LooGoGo:20150928041131j:image

それはそうと、ムシを交換するには穴を解放しなくてはいけない!
あああ、せっかく入れたのに(・_・、) 

 

そんなことを経て、コンプレッサは回り始めました。
やったー、ひゃほーい

勇んで室内で吹き出し口に手をあててみる。
熱風・・・ 

*1:配管途中のガス注入口のバルブの事。虫という