読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とてもクルマ屋とは思えない

ポルシェでサーキット、ランチアデルタ、ジープとか

富士と筑波

富士スピードウェイ筑波サーキットの比較をしてみる。

筑波はバイク海苔の聖地、と言うイメージで、筑波本コースなんて言うとミニバイクレースやってた私たちは一度は走りたいあこがれのコースだった。

Sany3373_1
それに較べて富士はスピードが出るサーキット、位しか知らなかった。

 最近改修したとかトヨタ資本だなどと聞いて、ああトヨタのやりそうなことだ(╬☉д⊙) ・・・と思ったぐらい。

そんでポルシェでサーキット行くようになると、やはり富士も外せなくなって、走行会で一回行った。

 そこでビックリ、でかい!きれい! 

・・・なんだか腹立つほど整ってるコースやパドックだった。 

筑波の泥臭さや田舎くささはなく洗練されていて、さすが国際コース・・。

走りやすそう!でもあのアットホーム的な親しみやすさなどは皆無。

ま、そんなモンいらねえと言えばいらねえんだけど・・。 ドライなのね

入場からして金取りやがる

FSWと何でもOKな(笑) 筑波で走ることを想定して計算してみた! 

例えば1ヶ月2回サーキットへ行く。 

そんでコースライセンスを取って30分を2本走って計1時間というような感じ。

それだって行って帰って用意して、走行時間待ってたら少なくても6時間はかかってしまう。

まず講習費用 富士6500円 入場料1000円 金取り

入会金
T 年会費6000 共済3000 予約金10000 他2000 計21000
F 年会費18900 共済10000 入会金12600 計41500 倍!
翌年
T 年会費 6000+共済3000= 計9000
F 年会費 18900+共済10000= 計28900  3倍以上!
走行料金
T 30分    3500円  分当たり167円 1年= 16万
F 30分 6300円 分当たり210円 1年= 28万 約6割り増し!走れば走るほど差は開く

交通費 燃料150円、ℓ7キロ として
T 首都高700+750=1450 最短90k往復180km
F  川崎ー大井松田1600円 最短90km 往復180?
T  燃料3900円+高速往復2900=6800 74800
F  燃料3900円+高速往復3200=7100 78100   やや富士が高い

初年度 
筑波 庶民の味方!安い 25万6000円
富士 鬼高い!儲け主義 40万6000円

2年目 

筑波 244000円
富士 387000円 

富士の方が私の家からは行きやすい(都心を抜けなくて済む)ので結局早く着く、そしてコースは広くて気持ちがいい、帰りに箱根の温泉に行ける(?)、御殿場のアウトレットで買い物できる、帰りに富士急のどどんぱに乗れる、などの地の利があり、これでバランスがとれているのか・・・。

でもトヨタの金取り主義、もうけ主義、兆の桁もうけているのに何も還元しようとしない体制は増長してると言えないか。 Sany3378_1

だからF1も勝てない、金で買ったスピリットだから。

金はとにかく、いいのかこれで!?という感じ。

 夏終わるまでは筑波でいいや。