とてもクルマ屋とは思えない

ポルシェでサーキット、ランチアデルタとか

タイヤがバースト! でも走る。

この前葛飾の方に仕事で行って、帰りににわざわざ遠回りして新しい首都高の中央環状線とやらを走ってみた。まだ認知されていないのか、随分空いてる。

 イヤー快適快適。

 

でもトンネル多いなあ〜、などと思いながら走っていると4号線を過ぎた辺りで

「ズッ バアーン!!!」 

 と、ものスゲエ音がした。

ホントに、一体、何事かという音量。 

トンネルの中だから反響して 「あんあん あん あん・・」

 なんて。

 

反射的にブレーキを踏んだが、大音響でトンネルの中なので一体どこから音がしたのか分からない!

前の4トントラックか? 後ろか? 後ろっぽいが。

それとも俺が積んでいる物をおっこどしたのか!?

 

減速してあちこちのミラーを見たが分からない。荷物は落としてない、よしよし。

何だか良くわからないまますぐ忘れて、すいていたので世田谷まで飛ばして帰る。

  

トラックを停めて、ふとリアタイヤを見る。

f:id:LooGoGo:20170330015117j:plain

・・! 俺かよ!!

イヤービックリした。


因みに大型の増トントラックだからね!

いくら何でも乗用車なら分かるってのw

 

トラックのタイヤはリア4輪、もちろん荷物を積んでいることを想定して強度が計算されている。満積載で1輪パンクしても残りの1本で何とか安全に車体を保持できるのだ。

このトラックのタイヤは空気圧は7.0〜7.2キロ

乗用車の標準は2キロちょっとだから結構な高圧である。

バーストすると・・そりゃ音はでかいよなあw 

 

荷物は1トンぐらい(車)だったが、2.9トン吊りのクレーンや花見台のセルフローダーを架装しているので総重量は5トンぐらいあっただろう。

3号渋谷線を後輪バーストした5トンのインタークーラーターボが暴走していたら怖いだろうなあ。 

イヤー、パンクはあるがバーストは初めての体験だ。

 

・・・そんなわけで今日はタイヤ交換。

f:id:LooGoGo:20170330014529j:plain

 モーね、重くてね。
1本50キロぐらいあるんじゃないかな! 簡単には持ち上らないもんね〜

 

まあ、そこらへんはシロウトじゃないし今まで10-20本も交換したからコツは分かってるんでササッとやりました。

スペアを下ろし、でっかいナット外して交換して締めて。
あー面倒くさい。

 

バーストか〜、タイヤ高いんだからパンクにしとけと言いたかった 笑

にほんブログ村 車ブログ 車屋・車販売へ
にほんブログ村